セミナー集客のポイント

>

セミナーの集客の注意点

オフラインでの集客

インターネットが普及した現在でも、ポスターやチラシなどオフラインでの集客を行う事は多いです。
気になった資料を手元に置いておいてもらえるというメリットがあるからです。
DMやチラシ、FaxDMなど、手元に残るツールを制作する際には、読みやすさ、目のひきやすさがポイントとなります。
どのような内容なのか、開催日時、場所など、重要なポイントが読みやすいフォントや色で配置されていることが大切です。
デザイン性を重視した結果、必要な情報が抜けてしまっていたり、注目しづらい場所に配置されてしまっていては効果をあげることができません。
また、使用する写真も、解像度が低かったり、クオリティが低いものを使用すると、安っぽいチラシになってしまい、手元に置いてもらう機会を逃してしまうこともあります。
ある程度高級感のある体裁に整える必要もあります。

オンラインでの集客

インターネットを使用した集客には、自社ホームページでの告知やセミナーポータルサイトでの告知、メールマガジンやSNS、リスティング広告の利用など、様々な手法が考えられます。
告知を思い立ったら、比較的短時間で準備ができるからといって、告知から開催までの時間を短く設定してしまうのは問題です。
スケジュール管理が難しいビジネスマンや経営者をターゲットにしている場合、1か月前の時点で既にスケジュールが埋まっているという場合もあります。
2~3か月ほど前など、余裕をもって始めると、予定も入れてもらいやすいです。
また、せっかく予定を入れてもらえても、オンライン完結での申し込みの場合、手元に予約表などが無いため、うっかり開催日を忘れられてしまうこともあります。
2週間前や1週間前など、時期を決めてリマインドメールなどでお知らせすることも大切です。


シェアする